リモートデスクトップなどで使用中のユーザーがいるか確認する

Windows DOS
Windows

サーバーにリモートデスクトップで接続したら誰かが使用中だった形跡があり気まずかったという経験が良くあります。

そんな時に接続する前にだれかがログインしていないか確認する方法をご紹介します。

ログインしていないか確認する

指定したIPアドレスの端末にリモートデスクトップで接続(ログイン)し使用ている人がいるかを確認するコマンドです。

コマンド

実行結果

この実行結果では「biyonse」というユーザが使用していることが分かります。

定期的に繰り返して確認する

繰り返し定期的に確認したい場合は下記のコマンドを実行します。
timeoutの時間を変更することでインターバルを調整できます。

コマンド

実行結果

1秒間隔で端末に接続(ログイン)しているユーザの情報を確認することができます。

複数の端末を同時に確認する

複数の端末に対して同時に接続(ログイン)しているユーザを確認する場合は下記のコマンドを実行します。

コマンド

実行結果

複数の端末に対して接続(ログイン)確認が行えるので空いている端末を探す時に便利です。

これで少しは気まずくなる回数が減りそうですね。

この他、Windowsコマンドを詳しく知りたい場合は下記の書籍が参考になるのでリンクを貼っておきます。

タイトルとURLをコピーしました