Androidで内部アプリ共有を有効にする方法

android

Google Play Consoleにて開発中のアプリをすぐにテスターに共有したい場合「内部アプリ共有」を使用しURLを共有することで審査などを待たずにすぐにアプリを共有することができます。
「内部アプリ共有」を使用する場合URLを共有されたユーザの端末が「内部アプリ共有」を有効にしていないとアプリをインストールすることができません。
そこでテスターが内部アプリ共有を有効にする方法をご紹介します。

Google Play ストア アプリ Google Play を起動します。

メニュー アイコン メニュー > [設定] をタップします。

[概要] セクションで Play ストアのバージョンを 7 回タップします。

[内部アプリ共有] の設定が表示されたら、内部アプリ共有のスイッチをタップしてオンにします。

[オンにする] をタップします。

関連記事

おすすめ記事

  • テレワーク、リモートワークにおすすめのツール

    2020.4.20

    テレワーク、リモートワークにおすすめのツール

    今回はテレワーク、リモートワークにおすすめのツールを「クラウドインフラ」「ソース管理」「業務ツール」の三本立てでお送ります。代表的なものの紹介となるため、選択肢としてお役立てください。

  • 動画を止めるな!通信速度を確保せよ

    2019.8.12

    UQ WiMAXの通信速度を速くする方法

    UQ WiMAXを使用していて通信が途切れてしまうことがあると思います。 そこで通信が安定している場所を特定する方法をご紹介します。

  • Python

    2019.8.14

    Pythonでzipファイルを解凍せずにzipファイル内の指定したファイルを読み込む

    Pythonでzipファイルを解凍せずにzipファイル内の指定したファイルを読み込む方法について書きます。 zipファイル(sample.zip)内のxmlファイル(sample.xml)を読み込むサンプルプログラムです。 zipをディスク上に解凍せずに指定したファイルを読み込むことができるのでとても便利です。

  • design

    2020.2.19

    Microsoftから無料配布されているSVGファイル(Azure関連)

    Microsoft Azure Cloud and AI Symbol / Icon Set – SVGはMicrosoftが無料で配布している Azure および関連するクラウドおよびオンプレミステクノロジーを使用する機能とシステムを視覚的に表すためのシンボル/アイコンのセットということのようです。

  • 過去の株価をDBに登録

    2018.12.6

    Step2 過去の株価をDBに登録(phpQueryを使ってスクレイピング)

    下記の手順で必要なデータを取得していきます。 1.銘柄ページから対象銘柄の過去の西暦一覧を作成 2.西暦一覧をループして対象銘柄のデータを1年ごとに取得する 3.1年分のデータを登録する

ページ上部へ戻る